「白井研究室通信」 第19号/引越!アーティスト研究員!フランス冒険記!夢コン!ゲーム雑誌のお仕事!

posted Apr 27, 2012, 8:19 AM by Akihiko Shirai   [ updated Apr 27, 2012, 8:20 AM ]
「白井研究室通信」 第19号(2012年4月28日発行)

=====================================================================
 このメールニュースは、神奈川工科大学 白井暁彦または白井研究室の者と名刺交換等させていただいた方々にお送りさせていただいています。このメールニュースがご不要の際はhttp://j.mp/ShiraiLabSubsc より配信先の停止をご申請いただけますと幸いです。
=====================================================================

 皆様こんにちは!明日からゴールデンウィークですが、いかがお過ごしでしょうか。
 編集デスクは新M2年生の坂井です。

■--INDEX--■
1. 新学期!引っ越し無事終わりました
2. 特別研究員・早川貴泰さん就任!
3. フランス遠征記・前編「Laval Virtual 2012」(小出・坂井)
4. KAIT夢コン2012、ついに応募開始!(奈良)
5. 「ファミ通ソーシャル」コラボ企画(亀山)

編集後記「ゴールデンウィークに是非ともやりたいこと」
-+-+-+-+-+-+-
1. 新学期!引っ越し無事終わりました
情報メディア学科新教員採用に伴い、2年間お世話になった405室から新たに
K1棟5F-501室と614室を頂きました。
引越しは年度末+フランス遠征+年度初め…という大変な時期になってしまい、
いまだに行方不明物品や書類がある中ですが、合計5期に渡るレイアウト変更作業で
ついに新しい研究室環境を作るに至りました。
501室は5人に増えた大学院生にひとり1台の机とPCを固定で提供し、
学部生は共有机と個人棚、そして白井のデスクとスタッフ用の机を確保させて頂きました。
一方、614室は多重化隠蔽映像のための実験室としてミニシアターが完成しております。
早速出来上がった研究室環境で、次のSIGGRAPH等国際会議などに向けて、
エンジン全開で研究をスタートしているところです。今後とも宜しくお願い致します。


2. 特別研究員・早川貴泰さん就任!

皆さま
はじめまして
および
こんにちは

神奈川工科大学 白井研究室 特別研究員の早川貴泰と申します。
今年度4月より勤務させていただいております。

私は、「アニメーション・アーティスト/映像ディレクター」という肩書きで創作活動を行っています。
私の今のお仕事は、大きく分けて下記の3つです。
・アニメーション作品を創ること。
・アニメーションをつかった様々なワークショップを開発し、実施すること。
・アニメーションをつかった様々なサービスの開発や研究を行うこと。
です。
★詳しい、プロフィールや活動は下記URLから
白井先生との馴れ初めは、世界初の4Kドローイングアニメーション「塵芥集」制作のプロデュースをしていただいたことです。
その後も、若手アニメーション作家のプラットフォームを創るためのプロジェクト「SUSTANIME」を共同研究させていただくなど、お世話になり、その流れで、今回のお話をいただきました。
白井研究室では、先端映像技術である多重化隠蔽映像システムの研究、コンテンツ開発、国際インターネット放送局の立ち上げなど先端的なアート&デザインを研究に昇華するべく、ご協力できればと考えております。
皆さまどうぞよろしくお願いいたします。 早川 貴泰 HAYAKAWA Takahiro


3. フランス遠征記・前編「Laval Virtual 2012」(坂井・小出)
 Laval Virtual 2012にて、展示・発表をするため、研究室より白井先生、新M2坂井、新M1小出がフランスへ行きました。
 小出は、「多重化スクリーン技術によるパラレル拡張現実カラオケ:PARAOKE」のデモ展示を行いました。英語もフランス語もからっきしな中、身振り手振りでうまくコミュニケーションをとり展示説明をこなしました。初海外でしたが多くの面白い展示や異文化に触れ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 坂井は、研究のメインフィールドであるフランスで、合計4件+調査を行いました。
Kinectなどで使われるアルゴリズム「AccuMotion」を英語で発表。週末には「海を超える日本のマンガ」というタイトルで2回、一般のお客さん向けにフランスにおけるマンガ文化のひろがりについてフランス語で講演しました。さらに、神奈川工科大学の提携校であるENSAM(フランス国立工芸大学)のSimon RICHIR先生のPresense & Innovation研究室において、研究室を代表してKAITでの研究生活およびマンガ市場化に関する発表を通して研究交流を行いました。
 調査はパリのポンピドゥセンターで開催されている「マンガ展」や、地方都市Laval市内との図書館におけるマンガの蔵書比較など、短い時間でしたが有意義な調査を行うことができました。坂井にとってもはじめてのことばかりで大変したが、貴重な経験を得ることができました。
★次号では坂井のパリ取材について詳しくお届けします!

4. KAIT夢コン2012、ついに応募開始!(4年:奈良・鈴木)
 今年もやります!リケメン・リケジョのKAIT夢コン2012では、日本全国の中学生・高校生からの創造性・個性豊かな「IT(情報技術)に関する夢」を募集しています。
 作品投稿システムの開発は、白井先生・田中(哲)先生などのご指導のもと、先進的なGoogle App Scriptをベースに短期間での集中作成を行いました。短い時間でしたが、かなりの労力を費やしました。…ですが、作品の応募数が未だに少ないようです・・・。是非、作品の投稿をお願いします!
作品の募集期間は6月24日までです!



5. 「ファミ通ソーシャル」コラボ企画(亀山)
 4年生の亀山です。3月22日発売のファミ通GREE Vol.2にて『バハムートブレイブ』(P56)の記事を、4月26日発売のファミ通mobage Vol.4にて『戦国SAGA』(P38、39)の記事を担当しました。普段よく目にするゲーム雑誌の記事がどのような段階を経て組み上げられるのか、そして1冊の本の一部となっていくのか、ばっちり堪能させていただきました。必至になって文章を書き、初校・実物を目にした時は心にジーンときました。非常に貴重な体験でした。親戚にこの話をしたところ、80過ぎの祖母がGREEの本を買いに、しかも何冊も買うので店員から変な目で見られたそうです……。とはいえ、数冊は確実に余計に売れたので、地味に売り上げに貢献できたかな?と思います。
 またこのようなお仕事のお話を頂けたら、全力を持って頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
★亀山くんの記事について詳細(写真付き)
★亀山くんのスーパーヒーローに関するBlogはこちら 

■編集後記 今月のテーマ「ゴールデンウィークに是非ともやりたいこと」

(坂井) 部屋の片付けと、未だ終わっていないフランス出張の整理をしたい。
(北田) 積み本の消費に取り組みたい。
(亀山)寝る。髪切る。スーパーヒーロー決戦を妹と見に行く。できたらお台場ガンダム見る。
(奈良) バイクのメンテナンスをしたい。
(藤村)気になっている映画・DVDをみる。
(小出)休み明けのレポートを書きつつ、部屋の片づけを。
(白井) SIGGRAPH投稿3本,予算,書類整理,自宅の補修,息子らとミュージアム巡り(希望)
-+-+-+-+-+-+-
 白井研究室では留学生交換や、企業・他大学との共同研究、インターンシップを積極的に行っています。また科学コミュニケーションや先端技術、エンタテイメント技術、またマンガ・アニメ・キャラクターなどのポップカルチャーにかかわる見学会・交流会も開催したいと考えています。イベントやご提案、また本メールニュースへのお知らせなどの掲載希望などはこちらまでお気軽にお寄せください。もちろんご感想も待っています。
 お問い合わせフォーム http://j.mp/shirailabc
 白井研究室facebook  http://j.mp/FBShiraiLab
 白井研究室メールニュース「白井研究室通信」第19号
 ご購読/配信停止はこちらから http://j.mp/ShiraiLabSubsc
 著作制作:神奈川工科大学 白井研究室 / 改変・転送はご遠慮ください
-+-+-+-+-+-+-
Comments