Lecture‎ > ‎MediaArt‎ > ‎

20111122

posted Nov 21, 2011, 5:56 PM by Akihiko Shirai   [ updated Nov 24, 2011, 8:53 AM ]

学籍番号
Q1-1: 前回講義のレポートを見て感じたこと
Q1-2: 上記学生作品で最も「動かされた作品」(学籍番号で)
Q2-1: 本日上映した作品の中で最も「動かされた作品」
Q2-2: 上記「最も動かされたCG作品」の理由
Q3: 来週以降メディアアート作品を作っていく中で、自分のジョブを選んでください。
Q4: 以下の(メディアアートに関係した)Webサイトを見て、タイトル・URLおよび感想を述べよ(気に入ったもので良い)。
Q5: KAITシンポジウム2011(11/19開催)で最も興味深いイベントは?(またはその感想) 
講義の感想
---------------------------
923098
やはり感性は人それぞれだと思った。
923102
Toshiba'Time Sculpture'-The Mill
----
上記の理由の間違いだと思うのでここには上記の理由を記載する。

私は人の動きというものが大好きで、この作品は人がシンプルながらも面白い動きをしていたため。"
リサーチャー, プロモーション担当
----
エコリラキレイ(ノーリツ)
http://www.ecorelakirei.com/

まずタイトル名で惹かれた。サイトのシンプルな構造や綺麗な色合いも良かった。只、文字の色が薄すぎて読みにくいと感じた。
「思い出サルベージアルバム・オンライン -被災写真を全て元の持ち主のところへー」

---------------------------
923094
自分が作ったバナーはイラストも無いし特に目を惹かないし色々と酷いな思いました。
923088
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds EPISODE 01
日本のキャラクターとマーベラスのキャラクターが一堂に会して戦うというだけでも、胸が熱くなるのにさらに曲・演出・ときどき入るギャグ的な要素・見せ方が非常にカッコ良くて見てる人は終わるまでずっと釘付けになってしまうからです。
プランナー, ソフトウェア開発
----
明和電機 http://www.maywadenki.com/
まずトップに出てくるフォントが面白くて、さりげなく効果音が付いていて、フォルダ風のデザインも中々カッコ良いんだけど、背景が何故か方眼紙という点が最も気に入りました。"
「"殺陣"で学ぶ自分のキャラクタ」がとても気になりました、私はおじいちゃん子でよく時代劇を一緒に見ていてその影響もあり今でも見ることがあります。特に中村吉右衛門が演じる『鬼平犯科帳』が好きです、なので時代劇が好きな人間としてこのワークショップを通じて殺陣の歴史や演出等を勉強出来たら良いなと思いました。
----
DEAD ISLAND http://www.spike.co.jp/deadisland/
入ってムービーが流れたら上の方にある小さなタブを押してリストの一番左側にある女の子の顔が出ているのが授業後私がお勧めと言っていたものです。
理由は逆再生を使っている点が斬新だなと思ったからです、内容的にはラストの家族3人で写真を撮るシーンで物凄く切ない気持ちになった作品でした。

全然関係無いのですが授業後「MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds EPISODE 01」でダンテと闘ってた相手を後々調べたらスポーンでは無くてデッドプールでした。"
---------------------------
923013
----
私は序盤のほうで完成形をパッとイメージしてしまいその後周りや他がよく見えなくなるので
様々な感性で制作した作品を見て刺激になった。"
923088
Barclaycard 'WaterSlide' -The Mill
----
作品兼CM広告というものだったが、その内容が商品のPRではなく特に商品の長所のPRをユーモアに表現していてなかなか面白かった。
日本のCMにはそのようなものは少ないので海外の面白いCMはとても興味深い。"
ハードウェア開発
----
タイトル:エコリラキレイ
URL:http://www.ecorelakirei.com/
エコ・リラックス・キレイを感じさせる優しい視覚、音楽でWebページを眺めるだけでもリラックスできるだろう。
しかしイントロの映像が長いので欲しい情報がすぐに手に入らない、油断していると情報が流れていってしまうという点が気になった。
再生・停止ボタンやシーケンスバーあると良いのではないか?"
----
やはりなんといっても3.11の震災関連の公演・講座はとても興味深いものである。
その中でも一般市民向けワークショップ・体験講座・ポスターの
東日本大震災被災者の情報入手方法~茨城県を事例に~
は今回のを生かしたものであり、特にそうである。
震災等の非常事態時の情報リテラシーについて日頃から考える良い機会である。"

---------------------------
923046
----
素材を使った物と、使っていない物とでは、パッと見の印象が違った。
素材の印象が強いと伝えたい内容があまり目立たないように感じた。
(↓下記のURLは、ページが見つかりませんと、表示されました。)
----

ルーズリーフをモチーフにした作品
SINTEL
----
オープンソース、オープンムービーということで、誰でも使うことのできるソフトで、技術があればシーグラフにも、出すことのできる作品が作れるんだと驚いた。
----

プロモーション担当
----
エコリラキレイ(ノーリツ) 
http://www.ecorelakirei.com/
サイトで繰り返し流れる映像が、花やパステルカラーで作られていて、終始綺麗だった。
その合間にでる「エコ」「リラ」「キレイ」の3つの言葉の内容も説明していて、このエコリラキレイという物はこういうコンセプトだということが、よく分かった。"
パネル討論「緊急時に安全確実な情報連絡手段を確立する」という論題で討論する。東京神奈川にも大地震がくると思うので、本当に気になる。パネラーに、速水教授がいるのも、個人的に気になる。

---------------------------
923088
あらためて自分の作品を見直してみましたが、バナーとしてもう少し工夫しても良かったのではないかと思いました。必要な情報が抜けているのも失敗でした。他の人の作品を見て確かにかっこよすぎても良くないというのがなんとなくですがわかったような気がします。情報として伝えたい部分をいかに上手く伝えることができるのかが一番重要だと感じます。
923016
----
・Assascin's Creed Brotherhood
・Mavel VS Capcom 3 Promotion Movie Episode 1"
----
ゲームのプロモーションムービーですが見たときにやはり凄くプレイしてみたくなりました。やりたくなるように引き込むような感じがこのムービーから伝わる内容で一番強く感じましたし、一番重要なところではないかなと思いました。
----

ソフトウェア開発, ビジュアルデザイン
----
タイトル:エコ・リラ・キレイ
URL:http://www.ecorelakirei.com/

ページ自体は白く左側にメニューがあり、ページ内に余計な物は載せず、全体を広く使っている感じがします。またBGMののんびりとした感じに合わせてページ内のアニメーションが大きく動いて変化するのが面白いと思いました。
----

----
梶先生の「"殺陣"で学ぶ自分のキャラクタ」というワークショップが興味深いと思います。普段ではなかなかできない殺陣の基礎を学べるということで映画や舞台での緊張感のある殺陣のシーンがどのようにできているのか学んでみることで、CGなどのアニメーションを作るときにも応用できたり、どのように見せると人に注目されるのかなど幅広い場面で使える知識が得られそうです。そしてなによりも実際に動いてやってみるようですので楽しそうだと思います。
----

今回はムービーを色々と見ましたが、いくつか一度見たことがあるものがありました。しかし一度見たものでも面白いと感じたものは何度見ても面白いと思いました。やはり作品の中で展開の作り方や見せ方がわかりやすくシンプルなので何度見てもすぐに面白いと感じることができたのかと思います。自分でもそういった部分を考えて作品作りができればと思いました。
---------------------------
923102
細かく作りこんでいるものからシンプルなものまで、様々なデザインのポスターなどがあり、勉強になりました。フォントの大切が分かり、一番伝えたいことを強調するべきだなと思いました。
923015
アサシンクリードです。
映像にとても迫力があり驚きました。また、本物の人間のように見え、CGの技術がとても高いなと感じ、凄いと思いました。動き方も自然で、映画の一部分を見ているようでした。
ソフトウェア開発
----
タイトル MotionBeam
URL http://www.disneyresearch.com/research/projects/hci_motionbeam_drp.htm
映像を壁などに映し出し、動かしているのを見て、とても面白いと思いました。ゲームにもっと応用したら面白いのではないかと思いました。
----

「ネットワークでできること」~ネットワーク・セキュリティ・ロボットの体験~に興味を持ちました。セキュリティ・ロボットをネットワークにつなげる事で出来ることにどんなものがあるのか詳しく知りたいと思いました。実生活でも役に立つと思うので興味を持ちました。

---------------------------
923084
----
皆さんの作品を拝見させていただきましたが、大変素晴らしい物が多かったです。
行の先頭に■や・を書き、箇条書きにすることによって情報を分かりやすく。なお且つ文字色の変更、情報ごとに吹き出しで囲むなど、大変見やすく仕上がっている。
さらに背景も、C9などの美麗なグラフィックやグラデーションを用いた画像を使い、見ていて苦にならないデザインとなっていました。
それに比べて自分の作ったモノは・・・。ほとんど変化の分からないフォント、ヘタクソな絵、URLも書いていない。正直、そんな物を提出した自分が恥ずかしいです。
923088
Pigeon: Impossible
----
ストーリーの起承転結がしっかりと作られている上、黒服の男性の開いた口が塞がらない。といった表情やドーナッツを投げる際などの滑らかな動きも素晴らしい。周りの逃げまどう人々や蛇行する車など、細かい部分も見ていて面白い。私としては、鳩の『ニヤリ』という表情や首の動きのアニメーションがかなり気に入っています。
公式ホームページではポッドキャスト、いわゆるメイキング映像も見る事が出来る。"
ソフトウェア開発
----
タイトル:エコ*リラ*キレイ
URL:http://www.ecorelakirei.com/
感想:お風呂や給湯器など、お湯関係の製品のメーカーであるNORITZのブレンドメッセージを伝えるページ。長時間BGMを聴いていると、えもいわれぬ安心感から眠気が・・・。ボタンにカーソルを合わせた時の水滴が落ちるようなSEも聴いていて落ち着く。ホーム画面での若葉・ボタン・星砂などが集まって星型(花型?)になるアニメーションは、やはりプログラムで動かしているのだろうか。
しかし、アニメーションに気を取られるあまり、肝心の『エコ』、『リラ』、『キレイ』に関する情報を、ついつい見落としてしまう事もしばしば。"
----
私も学校には来ていたのですが、ゲームクリエイター特訓で行われる新しいプロジェクトについて話し合っていたため、残念ながら参加はしておりませんが、上記のシンポジウムの内容を見て一番興味を持ったイベントは、「放射能はオバケじゃない! 霧箱制作で学ぶ自然放射線の可視化」という内容です。
実演を用いて放射能について学べる機会などそうそう無い上、子供にも分かりやすい内容ならば、身内に小さな子供がいる身としては、是非とも教育に取り入れてもらいたいほどありがたい。"

---------------------------
923020
ポスター作りがいろいろと大変だと感じました。ただ、自分がいいと思えばいいことではなく客観的に考えて作った方がよりいい作品ができると思いました。
923015
----
French Rost

Assassin's Creed Brotherhood

----

----
まず一つ目の作品は普段の生活をテーマとして作り上げた作品であり、他人を助ける、同情することを表現し、自分が他人を助ければ、他人も助けてあげることを感じました。
二つ目は作りがリアルに近づいてCGと現実に区別つかないぐらいのいい作品に感動しました。"
ハードウェア開発
----
http://www.miraikan.jst.go.jp/   「日本科学未来館」       
http://www.sonyexplorascience.jp/ 「ソニーエクスローラサイエンス」
http://www.ntticc.or.jp/index_j.html 「ICC」

それぞれアートにかける思いや、メディアアートを知ってほしいのメッセジーはよく伝わっていると感じました。違う形で伝えっているように見えても、メディアアートを知ってほしいのことはみんな一緒だと思いました。"
自分の学校でこんなことをしているんだなと思いました。普段はあまり見かけないものが実際はそれぞれ、誰のために何をしているのことを伝わりました。

---------------------------
923024
----
ほかの学生もまた、伝えるということの難しさをいろんな形でさえあれ、身をもって体感していた。そのなかでも、うまく伝えるのにはどうすればいいのか考え、改善させていこうという努力をしているのが文章から感じ取れた。
----

923046
「Sintel」という作品に動かされました。
無料のソフトで作成しているにも関わらずとてもハイクオリティで、作品のストーリー性もしっかりとしていて、感動しちゃいました。
リサーチャー, ハードウェア開発, ソフトウェア開発
----
エコリラキレイ(ノーリツ)
http://www.ecorelakirei.com/
感想:あたたかいデザインというか心地いい、見ていて安心するようなデザインで、かつシンプルにまとまっている。さらに音楽もテンポよくかわいい感じだった。

製品説明(明和電機)
http://www.maywadenki.com/
感想:なんとも言えない、ナンセンスなものをハイセンスに仕上げていた。
けれどやっぱりナンセンス。NAKIシリーズのファンになった。"
白井先生の「放射能はオバケじゃない! 霧箱制作で学ぶ自然放射線の可視化」が興味深いと思いました。今年になってよく聞くけどあまりよく知らない放射能について知れることは一つでも多く知っておきたいからです。
----
講義の感想ではないのですが、以前見つけた中々ハイセンスなWebを紹介します。
「男前豆腐」 URL : http://otokomae.jp/
豆腐の製品紹介URLです。この豆腐はスーパーで本当に売られています。"
---------------------------
923062
よくちかくで見れば、よくできていると思うが全体的に距離があった場合、手が込みすぎているとゴチャゴチャ感が出て読む気をなくすし、シンプルに文字だけだとそれもそれで飾りっ気がなさすぎる気がしました。また背景色と文字の色やデザインも自分が伝えたいことのないようにあっているかという事も考えなくてはいけないのだと感じた。 地球の周りに光線が回っているだけでなんとなく「ネット?」・「光通信?」みたいなところが出てくる、この人の作品はいいと思います。
923013
phase
おそらくは数式上のシュミレーションなのかもしれないが、どことなく生物的で神秘的に見えてついボーっと魅入ってしまう。ほかの作品の純粋なカッコよさやストーリー展開も個人的には大好きだが、そういったものがないはずのこの作品に魅入ってしまう自分がいるのがこの作品を選んだもっとも大きなところです。
ビジュアルデザイン
----
明和電機
http://www.maywadenki.com/
 まるゲームのHPのような感じのサイトで、企業のHPとは思えない最初の水色地にオレンジのワンポイント・中のページの半分は写真だったり、白をベースとした色に対して強調したいところに色があったりなど、エコリラと違って音楽やアニメーションこそないですが自分はこっちの方が好きです。"
----
「殺陣で学ぶ自分のキャラクター」
私が一番気になったのは梶先生の「殺陣で学ぶ自分のキャラクター」の公演です。
理由としてはほかのものは大体内容が見えてくるような気がしましたが、殺陣で自分のキャラクターが分かるとはどういう事なのかさっぱりです、殺陣とは刀などによる切り合いの演技・立ち回りのことを指す事ですが。 はたして自分は切られる側なのか切る側なのか、相手は?状況は?など、その設定を考える時点でキャラが浮かぶのか実際に演技することでなのかや、どんな演技がどんなキャラクターの定義になるのか、とても気になります。 "

---------------------------
923062
よくちかくで見れば、よくできていると思うが全体的に距離があった場合、手が込みすぎているとゴチャゴチャ感が出て読む気をなくすし、シンプルに文字だけだとそれもそれで飾りっ気がなさすぎる気がしました。また背景色と文字の色やデザインも自分が伝えたいことのないようにあっているかという事も考えなくてはいけないのだと感じた。 地球の周りに光線が回っているだけでなんとなく「ネット?」・「光通信?」みたいなところが出てくる、この人の作品はいいと思います。
923013
phase
おそらくは数式上のシュミレーションなのかもしれないが、どことなく生物的で神秘的に見えてついボーっと魅入ってしまう。ほかの作品の純粋なカッコよさやストーリー展開も個人的には大好きだが、そういったものがないはずのこの作品に魅入ってしまう自分がいるのがこの作品を選んだもっとも大きなところです。
ビジュアルデザイン
----
明和電機
http://www.maywadenki.com/
 まるゲームのHPのような感じのサイトで、企業のHPとは思えない最初の水色地にオレンジのワンポイント・中のページの半分は写真だったり、白をベースとした色に対して強調したいところに色があったりなど、エコリラと違って音楽やアニメーションこそないですが自分はこっちの方が好きです。"
----
「殺陣で学ぶ自分のキャラクター」
私が一番気になったのは梶先生の「殺陣で学ぶ自分のキャラクター」の公演です。
理由としてはほかのものは大体内容が見えてくるような気がしましたが、殺陣で自分のキャラクターが分かるとはどういう事なのかさっぱりです、殺陣とは刀などによる切り合いの演技・立ち回りのことを指す事ですが。 はたして自分は切られる側なのか切る側なのか、相手は?状況は?など、その設定を考える時点でキャラが浮かぶのか実際に演技することでなのかや、どんな演技がどんなキャラクターの定義になるのか、とても気になります。 "

---------------------------
923007
----
みんなわかりやすいポスターなどができていて驚いた。
色なども派手な色は使わずに、それぞれのテーマに合ったデザインになっていると思った。"
923013
強迫的な秩序についてのカエル
ただ単に面白いだけではなく、それぞれのカエルの行動(怒ったりなど)を音や絵で面白く表現されていて、とてもいい作品だと思った。
ハードウェア開発
----
エコリラキレイ
URL:http://www.ecorelakirei.com/
色の使い方など、テーマに合った物を使用しているため、とても優しいWebサイトになっていると思った。また、色に沿ったテーマもあるためとても印象が残る感じに仕上がっていると思った。"
----
一番興味があったのは「思い出サルベージアルバム・オンライン -被災写真を全て元の持ち主のところへー」です。どのような写真があったのか、そこに住んでいた人はどのような人だったのかというのがわかり、それを持ち主に返したりすることで本当に生きていてよかったと安心できたりといろいろと考えさせる展示だと思う。
----


---------------------------
923073
見やすい人と見にくい人との差が大きい気がします。素人と経験者の差のような。客観視すると自分の作ったものの駄目さが分かります。作った当初はこれで良いかと思いましたが、まだまだでした。こういうやり方もあるのかと勉強になりました。
URL先が表示されません。学籍番号も書かれてないのですが...
脅迫的な秩序についてのカエル
----
脅迫的に相手を従わせ、悪者に見えて、いなくなれば従う者は暴れ出して無秩序になり
秩序を守るカエルの大切さを知りました。しかし死んだカエル全員を棺桶に入れて並べ出した時
このカエルは他のカエルの為に秩序を守るのではなく秩序の為に秩序を守っていて
結局人の為ではなくエゴによって動く他のカエルと何ら違わないのだなと思い、見方を変えました。
秩序を守るカエルへの見方が往復し、一番印象に残っているので選びました。
----

プロモーション担当
----
 http://www.maywadenki.com/ 明和電機
デザインが良いと思いました。また、他のページに行く際の、紙が動く細かいところが好きです。"
----
■「放射能はオバケじゃない! 霧箱制作で学ぶ自然放射線の可視化」
確かテレビで見た記憶があります。線のように見えた気がしました。
見えないものを見れるようにするというのは、寧ろ安心感より逆に恐怖感がありました。
逆に一般人には、見えない方が心境的には良いのかもしれません。知らぬが仏のように。"

---------------------------
923015
「聞き手の立場から考える」「あいまいなことではなくストレートにいう」と意見がちゃんと伝わった方の成功例として出されていた。今後この2つを意識していろんな人とコミュニケーションを取っていきたいと思う。
923013
----
Barclay Water Slide
----

----
 最初、単純に発想が面白いと思った。仕事場からウォータースライダーで帰る。帰り道にスーパーによってバナナを買う。図書館を通るときにちょっとユーモアを入れる。地下鉄もカードで通れちゃう。いつの間にか家に帰っている。こんな帰り道だったら、とても楽じゃないかと思った。
 映像は、ありえないウォータースライダーの道を、ビル街の街並みに溶け込ましている。どこまでがCGなのかわからなかった。
 最初は面白いと思っただけだが、もう一度じっくり見ると、伝えたいことは「Barclaycardはバナナも地下鉄もこのカードで使える」ということなんだと気づいた。
 発想もそうだがちゃんとコンセプトも反映されていて、とてもいい映像だと思った。"
プランナー, リサーチャー
----
エコリラキレイ(ノーリツ)http://www.ecorelakirei.com

まず音楽がとても心地よく清潔感がでていて、とてもリラックスしてサイトを見ることができた。webの内容は見やすくて、商品もキチンとコンセプトが書いてあり、わかりやすかった。ひとつ気になったのはホームの映像がなかなか進まず、全部見るのに時間がかかったので、サクサク進むようにつぎへのボタンをつけた方がいいと思った。
----

----
「思い出サルベージアルバム・オンライン  -被災写真を全て元の持ち主のところへー」

やはり東日本大震災はとても大きな事件であり、その災害でとても多くの人が悲しみ、傷付いたと思う。だからこそ、過去の思い出の写真をきれいにして持ち主のもとへ返してあげることで少しでも、安らいでもらいたいと思った。なのでこの活動はとても素晴らしいと思う。"

---------------------------
923107
----
 作成したものに欠点は多少、存在しても、工夫されたデザインばかりで見ていて面白かった。
 自分はいまのところデザイナーを目標にはしてはいないが、参考になった。"
923069
----
 作品名:四ッ谷いろは
----

----
 今回、一番最初に観た作品だったが、アニメーションは非常に独特で、観ていて面白かった。 
 特に、絵(木や人の行動、表情)から文字に変化するところが特徴的で面白い工夫だと感じた。"
プランナー, リサーチャー, ハードウェア開発, プロモーション担当
----
・タイトル 明和電機の製品説明
・URL  http://www.maywadenki.com/

 Webサイトが見やすくて、製品説明にも興味が持てた。"
----
■「放射能はオバケじゃない! 霧箱制作で学ぶ自然放射線の可視化」

 大震災により原発が原因の放射能問題から、放射能について詳しく知りたいと思ったから。"
 今回、観たアニメーションやCGはどれも、コンセプトなどが工夫があって面白かった。
---------------------------
823139
一人ひとりデザインに凝っていてそのまま使えるのでは?と思うようなものもいくつかあった。自分はシンプルなものをデザインしているつもりであったが、より少ない情報でわかりやすく、インパクトのあるものの作り方を何点か学び、使いたいと思った。
ポスター形式のものでアイコン化してあるもの。
----
強迫的な秩序についてのカエル
Silhouettes of jazz
Barclaycard 'water slide'"
----
いくつかタイトルを挙げましたがSilhouettes of jazzに一番『動かされ』ました。
一方向からはトランペットなどの楽器にしか見えないシルエットが視点を回り込ませると、たちまち演奏者に見えてくるのが面白い発想だと思ったからです。
全方向から楽しめるCG作品というものはあまりないと思うのでそれを表現するカメラの動きやオブジェクトの配置などもすばらしかったです。
現実にもそのようなアートがありましたが、CGで作りこむのはさらに大変なはずなのによくできていると思いました。"
プランナー, リサーチャー
----
エコリラキレイ(ノーリツ)
http://www.ecorelakirei.com/
何回も繰り返し見ると『*』というマークを作る材料が何種類もあるということに気がつきました。BGMもただ落ち着いたものを採用するのではなく、木琴の音を入れることによって楽しげな雰囲気とリラックスした感じをうまく引き出していると思います。それと、もしかしたら楽器のほとんど、もしくはすべてが電気を使用しないアコースティックのものに使うことによってエコ感を表しているのかな、と思いました。"
----
講座名
「"殺陣"で学ぶ自分のキャラクタ」がすごく興味深いです。
小さいとき新日本舞踊を少しだけやっていたのでその影響もあるかもしれません。いつもテレビなどで見ているけど、実際にやってみるのはいい経験になると思います。"

---------------------------
923083
----
作り手が何を伝え何をわかってほしいのかが大事なのがコメントを見ても思いました。

見易さや印象づけなど表現する媒体に応じて変えていかなくてはならないのは当然ですが

相手に自分の思っていることを伝える大事さが理解できました"
923046
----
アサシンクリード ブラザーフッド PV

----

----
ゲームのPVなどが本物に近く近年なってきましたが、ここまで表情が細かい表現ができるようになったのをひとつ。

また、人の影や光の入り込みも「きれい」と思いました。

暗殺というテーマですが、光や明るいイメージとは対照的なものをモチーフとしているので

印象に残りやすいと感じました"
リサーチャー, プロモーション担当
----
エコリラキレイ(ノーリツ)

http://www.ecorelakirei.com/

映像と音楽でここは何をしたいのかが伝わってくる感じがします。
またフォントもやさしい作りで癒しのイメージがあります。
ただ、これほど画面を動かしているのでゆったりとした気分が嫌いな人は見えづらいのかもしれません"
----
「放射能はオバケじゃない! 霧箱制作で学ぶ自然放射線の可視化」

放射能を怖いものではなくただしい知識を持ち理解することで未然に危険を防ぐというメッセージを元に考えられた実験を行っていますが、メディアリテラシーが欠けている人が多い近年はこういった科学的根拠ではなく実際に体験し理解とすることで正しい知識を持つことができると考えます。

0923013



D科 2012 卒研委員  坂内先生からのご連絡:
「 来週 11/29(火) 3限 情報メディア演習 II 最初の30分間を、
情報学部棟2階 202大教室にて
D科3年生および4年生 卒研未着者達への説明会に
充てさせて頂きたい 」 


みんなで「リズム天国」を作ってみよう!
という課題への予習情報はこちらへ移動しました。
Comments