Lecture‎ > ‎MediaArt‎ > ‎

20120925

posted Sep 21, 2012, 6:34 AM by Akihiko Shirai   [ updated Sep 25, 2012, 7:09 AM ]
【おしらせ】
出席レポート提出URL  http://j.mp/ShiraiSemi
ただし今はメンテナンス中につき、即時確認メールは飛びません。
プログラム修正後に確認メールをお送りする予定です。

【前回講義で扱ったURL】

東京都現代美術館
「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/137/

「世界報道写真展2012」
http://www.asahi.com/event/wpph/ 

中国の反日デモ(報道写真の例)

 
 

瞬刊少年マルマル創刊号


【今週の課題】
「となりトトロ」を見て「森は美しい!」と思った人がいる。
この人がスタジオジブリに入り、アニメータとして働いている。
君はこの作品をアートと認めるか?
 
----------
1023073 9/18 13:38
 今回の授業は全体として少し理解面づらいものだったように思う。
というのも、概念とは人それぞれで感じ方も異なるし、辞書で引いた理屈はあくまで分かりやすくとってつけただけのものであるからだ。例えば英語などの単語の意味は英語の概念を日本語風にとってつけただけであるし、概念は辞書を引いただけでは到底理解できないからだ。
 だから、今回の課題である「アートとして認めるか?」という問題は私にとって少し答えるのが難しい。しかし、あくまでなんとなく感じたことを述べるとするなら、「アートである」のではないだろうか。
 あくまで定義として考えるのであれば、アートとは人工や技術という意味を含む。とするならばアニメの森は森を描く技術であり、その技術を美しいと感じ、そして模倣または近いものを描くのならばそれは技術の模倣であり、それを描く技術はまさしくアートであるといえると考える。
 しかし、私自身には「アート」と「デザイン」の差がまだ良く分からないので果たしてこれが本当に自身の答えかといわれるとなんとも言えないが・・・。

■えっ?「英語などの単語の意味は英語の概念を日本語風にとってつけただけ」??それはちょっと違うと思います.
 言葉や概念は他国の概念から輸入されてきたものや,誰かが考えて提唱したものがほとんどで,辞書はそれを人間が手作業で編纂したものです.
 「辞書で引いた理屈」という表現もちょっと変ですよね.もっとよく考えてみて欲しい!
 これはレポートなので,考えも調査も不十分のまま提出するのはご遠慮ください.
 
--------------------
78165 9/18 19:55
講義を聞いているときはアートとデザインは全く別物に感じたが、後々思い返そうとすると
ごっちゃになってどっちがどっちだったか混乱した。
レポート課題
この人がアニメーターになったのは、自身が美しいと感じたモノを自分でも作りたかったからなのだろうか。そうだとしたら、これはアートだと思う。
--------------------
1023110 9/18 20:39
前回の講義に対する他の生徒の感想や意見を読んでいくと、自分の本講義に向かう目的意識の低さが強く感じられて、情けなくなりました。
今回は、メディアアートという言葉の意味と、メディアアートが持つべきメッセージ性に関する講義を受け、私たちは何かを作ることを目的とするのではなく、伝えたい何かを表現するために何かを作るのだと再認識することができました。
他人の映像作品を見て感銘を受けた者が作ったそれはアートか否か、という課題ですが、私はそれもアートであると思います。
どんなに理想とする作品に似せようとしても、原版を複製でもしない限りはどこかに差異が発生します。
その差異こそが作者の個性なのですから、別の作品を模倣した作品とは即ち、理想とするものを下敷きに自分の個性を出そうと試みたアートに他ならないと考えるからです。
--------------------
1023056 9/18 23:32
今回の授業の問題について私はアートとして認めます。
理由として、今回でいうと「となりのトトロ」を見て森が美しいと感じて、
スタジオジブリで働いているというだけでその人が作り出す作品とは別のことだと思ったからです。 
--------------------
1023196 9/18 23:42
 前回の科学未来館での歌が、CDが出ていることに驚きました。
 自分は小中高と修学旅行などでカメラを持って行っていましたが、写真を一切撮ることがなかったので、自分にはパッションがないのかもしれません。
 課題に関しては、「森は美しい」と思い自然の森を真似ればそれはアートだと思います。
--------------------
1023056 9/19 14:4
今回の授業のアートと認めるかという問題で私の考えは認めます。
理由としては、その人が「となりのトトロ」を見て感動し、スタジオジブリで働いているということと、その人の作品は全く別の話だと思ったからです。
--------------------
1023050 9/20 11:24
アートは感情的な情熱だけでも、計算的な手法だけでも成り立たつことはなく、
更には唯の闇雲で形のない思いだけではアートではなく、
そこに確かなメッセージがなければ、アートとは呼べないと感じた。
また、直接の説明がない限りは、そういったメッセージは、
受け手側の感じ方や考え方に依存するので、メディアリテラシーは重要なものだとも思った。
宿題の問題は、自分はどちらにも捉えられると感じた。
アートの自然模倣としての意味を考えると、アニメの中の森を見て作りだしたのなら、
それは自然を模倣したことにはならないので、アートではないと思う。
自然模倣という意味を抜きにして考えると、自然とはある種の無意味な存在になり、
森を見て感動するのも、唯木が何本も生えているだけと見るのも、
全て受け手側の見方に依存するので、自然自体をアートとは呼べないし、
それを題材にした作品も同様に、全てをアートと断言はできないと思う。
何より、豊かな感受性だけでは、何かを作ることはできないので、唯美しいと感じるだけでは、
アートを生み出すことはできない。
だが、まさかアニメを作るのに、実物を見ないなんてことはあり得ないだろうし、
当然森を作ったかもわからない。アートを生み出す技術や手法も学んでいるだろうし、
森という存在に、アート的な別の付加価値を加えることもできるだろう。
人工、人為という意味で見るなら、人が作り出したものと捉えるだけで、
たとえ二次的な模倣など、どんなものでもアートなりうるとも考えられる。
また、アートの美の創造という意味で考えるなら、美しければアート、
という方程式じみた考え方もできる。
実際に作品を見ることが出来ないので、不確定で何とも言えないが。
自分は、アートという概念にあいまいさを感じるので、一概には言えないが、
それでも、美しいさだけではやはり美しいだけで、アートとは言えないのではないかと思う。
何かしらの美以外の、意図やメッセージのようなものがあって、
アートというものになると感じる。
--------------------
78165 9/20 16:53
講義を聞いている時は、デザインとアートの違いをはっきりと認識していたが、
後々になって思い出そうとするとごちゃまぜになって混乱した。
レポート課題
この人がアニメーターになった理由が、トトロの森の美しさに感動しての事だとしたら
感情から作られたモノはアートだと思う
--------------------
1023023 9/21 13:48
アートの目的は、作る側の純粋な感情や感覚を作品に表現することだと思います。要するに主観的で、他の人間の評価や共感は求めていません。「となりのトトロ」の森を美しいと感じ、スタジオジブリでアニメーターとして働く人は、自分が作った作品を他の人にも見てもらい、同じように美しいと感じて欲しいはずです。この時点で、ユーザーを感動させることが目的となっています。つまり、作る側の考え方や意見を伝えるデザインだということが分かります。アートと違い客観的な評価を求め、作品に工夫を加えるのです。結論から私は、この人の作品をアートとは認めません。
--------------------
1023007 9/21 21:23
「となりのトトロ」を見て森は美しいと思い、スタジオジブリに入り、アニメーターとして働いている。 これはアートと認められるか?
仮にとなりのトトロの作者がアートを意識して描いていようが、デザインとして描いていようが、見た人がアートと意識しようがデザインと意識しようが人それぞれであると言えると思う。
なので、アートとして認められると思う。
--------------------
1023035 9/23 0:45
となりのトトロを見て「森は美しい」と思った人がスタジオジブリでアニメーターとして働いていて、この人の作品をアートと見るかという課題でしたが、
となりのトトロがどういう過程で制作されたのかは分かりませんが、実際にとあるアニメのプロデュサーが、現在のアニメの多くはロケハンに行き、実際の風景や建物を撮影し、それを元にアニメを描くものが多いと言っていたことがあります。
このロケハンでの撮影は計画して行っているものではなく、パッションで撮っているものだと思います。
撮影したものを元にアニメを作る際に、アニメの雰囲気に合うように絵を描いき、そしてアニメ自体は、視聴者にアニメに込めたメッセージが伝わるように作るので、ここにはメソッドが当てはまるのだと思われます。
授業内でジャーナリストはパッションとメソッドの双方が無いといけないと言っていましたが、アニメーターも同じことが言えるのではないだろうか、
なのでとなりのトトロが現在の、またはそれに近い手法で作られているのならば私はアートと見ます。
--------------------
1023093 9/23 1:51
「となりのトトロ」を見て「森は美しい」と思ったパッションからスタジオジブリに入る。
そこからアニメーターとして働いてるこの人の作品はアートになるかということだが、
この人の作品に森というテーマである作品ならばアートではないだろうか。
この人はその時観賞した「となりのトトロ」からのパッションとスタジオジブリに入った後その表現や技術を学んでそこからのこの人の作品はアート(術)と呼べるものである。
上記ではこの人の作品に「森」というパッションも条件であったが仮になかったとしてもスタジオジブリから学んで活用した作品とは先生が教えた「自然をまねる・人工」といったものに入ると思う。入るならばこの人の作品はアートである。
--------------------
1023146 9/23 2:38
今回、出題されたテーマについて私はアートではないと感じました。
出題されたテーマについて考える前にアートとは何なのかを考えてみました。考えた結果、私はアートというのは世界で最初に制作されたものの事を指すのではないかと思いました。誰もがやったことのないもの、新しい表現方法を組み込んだ作品などのような今まで一人もやってみなかったのも表現したものをアートと呼ぶのではないかと思います。
なので、出題されたテーマの答えもアートではないとなります。「トトロ」の森の背景に魅力を感じてスタジオジブリでアニメータになったのなら、彼の頭の中にはトトロの森も背景が強く残っているので彼が作品を作っても美しいと感じた森の背景のイメージを持って作品を作ってしまうと思うのです。なので彼の作品の中には新しいものを入れることができなくなってしまうのでアートとしては認められないと思うのです。
彼の作品はアートよりはデザインに近いものになるのではないかと思いました。
--------------------
1023010 9/23 13:52
メディアアート 白井先生
第2回課題
「となりのトトロを見て森は美しいと思った人がいる。この人がスタジオジブリに入りアニメーターとして働いている。君はこの人の作品をアートと認めるか」
答え:
認める
理由:
映画「となりのトトロ」は舞台設定が森の中集落であり、多くのシーンに森林が使われている。この映像の中に使われている森は、実写ではなく絵であり人が描いたものなので、先生が言っていた“自然を真似る=人口人為”の自然(森)を真似た、人工物の傑作(となりのトトロ)なので、そこのアートを見ぬいた彼が作った作品はアートであると思う。
--------------------
1023047 9/23 14:10
自分はアートだとは思わない。
となりのトトロを見て森は美しいと思ったということは作られた森が美しいということで、森を実際に見て森を自分で表現するのがアートなのではないのか?
この人のやっていることはジブリの絵が好きな人が絵を真似ているだけだと思う。
--------------------
923025 9/23 19:16
先生が話されていた報道写真はパッションか、メソッドかについて私は両方だと思いました。
何故ならセッティングして撮る写真以外は少なからず、パッションが入ると思うからです。
しかし、ある程度撮る写真を決めておいたり、撮った写真から使うのを選ぶのはメソッドなので両方いると思います。
後、私はトトロの森を見て森は美しいと思ってアニメーターになりジブリに入った人の作品をアートと認めるかについては認めていいと思います。
何故なら、実際の森じゃなくても美しいと思うことは不思議じゃないと思うし、それでトトロの森を参考にした作品を作ったとしても、尊敬する人の作品をオマージュする人は結構いるのでアートといっていいと思います。
それに、その作品を作った会社に入るだけの実力を身につけたのだから、単なるオマージュじゃない本人の実力もあると思うからです。
しかし、その人の作品を見ないと本当の所は分からないとも思っています。
--------------------
1023168 9/23 19:17
 今回の授業も大変興味深い内容でした。講義中に紹介された瞬間少年マルマル創刊号ですが、漫画というフォーマットは漫画でしか映えない表現が多く、他のジャンルとの融合が難しい物といわれている中、自分が漫画のコマの中に入るという新しい発想を漫画であるという最大の利点を殺さずに表現していたことに驚かされました。
 課題の件ですが、僕は前提条件を無視してアニメーターの人の作品をアートとして認めます。アニメーション作品がアートではない理由がみつからない為、この結論に至りました。あえて前提を考慮するならば、「森は美しい」という情が、その人の原動力であり、伝えたい事であると思われるためアートであると思います。
--------------------
0 9/23 21:53
よかったです
--------------------
1023136 9/23 22:18
となりのトトロを見て「森は美しい!」と思った人がいる。
 この人がスタジオジブリに入り、アニメーターとして働いている。君はこの人の作品をアートと認めるか?
「Yes」
 私は感銘を受けたものに対して、『この作品のように表現したい』、または『この作品を越える様な表現をしたい』と思い、作品を造ることはアートになると考えます。

 理由は絵画の歴史から考えてみました。歴史的有名画家が作り上げた作品はもちろん芸術です。またその有名画家の影響を受けた人達が作り上げる作品も芸術と呼ばれてきました。歴史の流れからみると芸術は繋がっているように感じました。
このことを踏まえると今回もそれが当てはまると考えます。
■授業感想
 人が人に何かを伝える場合に様々なものがあるが、その中でパッションとメソッドの二つが取り上げれて分かりやすかった。『思いを伝える』の根幹に関わる内容であったと感じた。

--------------------
1023022 9/23 23:29
授業で問われた質問の回答。
私としては、トトロの中で出てきた森が本物の森ではなくても、その人がそれをみて森は美しいと感動して作った作品ならアートであると認めると思う。森が本物かどうかではなく、どう感じたかが大事なのではないだろうか。
--------------------
1023062 9/24 1:54
自然の模倣がアートならば、自然の模倣の模倣は何か?

デザインとパッション、デザイナーとアーティストの違い
人々の感心をひくような新たなものを創造するのがアーティストで、人々の感心をひくものは何かをリサーチ・研究し想像するのがデザイナーとすれば、今回の課題である
Q 「となりのトトロ」の森を美しいと感じてアニメーターになった人物の作品はアートか?
について、自分なりの考えを練ってみました。

結論から言うと「どちらかと言うとアートよりもデザイン寄り」であると感じました。
まず作品中の「森」について、あくまで「となりのトトロ」という映像作品のパーツの一部であり、最も物語に沿うよう全体の構図から木の1本1本の表現まで、美術監督やスタッフによってみっちりと「デザインされた森」という事、
一方でArtに含まれる意味、技巧や術、そういった広義的な意味には十分当てはまっているので、一概にアートでないとは言い切れない事。
この2つの事から「どちらかと言うとアートよりもデザイン寄り」ではないかという結論に至りました。
--------------------
1023195 9/24 2:26
今回の講義では前回に引き続き、なぜシャッターを切ったのかという内容から始まりその中でパッションとメソッドの二種類があり、実際の報道写真などを見てそれぞれの違いを学習しました。ちなみに私はパッションでシャッターを切ることが多く、今まではあまりメソッドを気にすることはありませんでした。
そして、今回の宿題である「となりのトトロを見て「森は美しい」と思った人がスタジオジブリにアニメータとして入り、働いて作っている作品をアートと認めるか」についてですが、私はアートだと認めます。私個人の意見としては、アートとは芸術であり、芸術とは無法で不定形なものであると思っています。なのでその人がどんな思いで始め、何を考え作ろうと完成した作品はアートと言えるのではないかと私は考えます。
--------------------
1023188 9/24 3:22
課題について
 答え:Yes
 理由:「森は美しい!」と感じているという理由でアニメータになった人が、自分の作る作品に対して
     情熱を注がずに作品を作るとは考えづらいし、考えたくない。
     作り手が気持ちを込めて作ったものであるなら、それはアートだと自分は思います。

--------------------
1023003 9/24 3:27
今回の宿題である「トトロを見て森は美しいと思った人がジブリに入りアニメーターとして働いている時、その人の作品をアートと呼べるか」と言うものですが、私はアートと呼べると思っています。
感銘を受けたものが何であれ、本人が美しいと感じて、それを自分で表現しまわりに伝えようとして製作したものならば、私はアートと呼べると思います。
--------------------
1023080 9/24 3:32
Q.「となりのトトロ」を見て「森は美しい」と思った人がいる。
この人がスタジオジブリに入り、アニメーターとして働いている。
君はこの人の作品をアートと認めるか?
私はこの人の作品をアートと認めることができない。
実際はわからないと答えたほうが正しい。
「となりのトトロ」を見て「森は美しい」という考えが生まれたなら、「となりのトトロ」はメッセージ性を持った作品、芸術と呼ぶのがふさわしいだろう。
しかし、そこからスタジオジブリに入ってアニメーターとして働いているというのは、トトロがきっかけではあるが、彼がアートを作るという直接的な理由にはならない。
スタジオジブリに入っていても、彼がアートと呼べる作品を作っているのかどうかは判断しかねる。
--------------------
1023075 9/24 7:39
 私は普段からカメラを持ち歩かないが、とある瞬間をカメラに残しておきたいと思える瞬間は多々ある。だが、その時にカメラを手にしていたとしてもそれを見たまま保存することはできないだろう。私自身がそれから何を伝えたいのかもわからず、ましてや使いこなせていない機器ではそんなこと等到底できるとは思えないからだ。多忙な身ではあるが、これから先はそれらを少し意識して、技術向上と共に撮りたいと思う。
 今回の課題に対する私の意見は、本音としてはそうt言いきれない部分があるが私はその作品をアートとは認めない。そのアニメータは技術があり実力が認められているのだろう。だがその人は「となりのトトロ」の森を見て「森は美しい」と思ったのなら、自然とその人が作る森や自然は「トトロ」のそれに近くなる。真似る意味ではアートと呼べるかもしれないが、自然のものでなく他作品の模倣であり、アートそのものではない。
 お見苦しい長文を読んでいただきありがとうございました。
 締切ギリギリで申し訳ございません。
--------------------
1023125 9/24 8:54
「となりのトトロ」を見て「森は美しい」と思った人がいる。
この人がスタジオジブリに入り、アニメーターとして働いている。
君はこの人の作品をアートと認めるか?
私は思う。なぜなら、となりのトトロを制作した過程でアートを意識してその森を作ったのであればそれは一つの立派なアートであると言える。そのアートをみて感動して作品を作ったのであらば、それも一つの立派なアートだと私は思う。
--------------------
1023012 9/24 9:49
メディアアートが何によって定義されるのか、それを考えられる講義だった。
Q1.「となりのトトロ」を見て「森は美しい」と思った人がいる。この人がジブリに入り、アニメータとして働いている。君はこの作品をアートと見るか。
A1.森は美しいという考えには同意するが、森は美しくなりたくてなったわけではないのだろうし、森を何らかの作品のテーマに据えるには着眼点がずれていると考える。
--------------------
1023014 9/24 13:30
クエスチョンに対する回答ですが、私はきっかけはなんであれ「森」というのは自然から生まれるものであり、それを美しいと感じて作品を作っているのであればそれはアートなのではないでしょうか。
--------------------
923119 9/24 14:8
授業ではアートとは何か、メディアリテラシーについてを学びました。
特にメディアリテラシーを自分自身が使いこなせているかというのにはドキリとしてしまいました。
最近では災害や事件の時などでも情報はtwitterのようなツールでテレビよりも早く飛んできたりします。実際に新宿駅で事件があった、血の跡があるといったツイートが拡散されて回ってきた事もありました。その一方で誤情報やデマが流れてくる事も数多くあります。そういった吟味されてない、信憑性のない情報でも数千回リツイートされてあっという間に拡散されてしまいます。こういった所がtwitterというツールの怖いところだと思いますし、情報に振り回されずにどこから来て信憑性のある情報なのかしっかりと吟味するというのがメディアリテラシーにおいて大切なのかな、と思いました。
--------------------
1023015 9/24 16:2
テーマ:この人の作品をアートと認めるか。
私はこの人が創造するものをアートと認めます。なぜならここで言うアートというものは自然をまねること、美の創造と授業中の講義で聞いたためそう思いました。最初見たものは「となりのトトロ」の森かもしれませんが、その人がそれだけを思い出して作品を制作してるとは思えません。きっとこの人は実際に森を見にいったりと自分なりの解釈を取り入れて創造をしていると思います。なのでは私はこの人の作品をアートと認めます。
--------------------
1023011 9/24 16:39
~略。君はこの人の作品をアートと認めるか。
私はアートと認めます。アートが、「自然をまねること、人工、人為。または美の創造」だとしても、この人が描いた「自然」の絵が、「自然」に見えた時点でアートです。参考にしたものやきっかけは、作品のコンセプトや込められる気持ちには影響を与えると思いますが、その作品がアートかどうかという点については一切関わらないからです。
個人的に、その作品がアートかどうかという点は、「自分がその作品に何かを感じたか」で決まると思っています。
--------------------
1023038 9/24 17:4
意見:アートと呼べる
理由:アートとは「自然をまねる」と先生が言っていたように、トトロの森を描いた人の絵がアートである。それを美しいと思いジブリで描く絵は、その人自信がその森の絵をまねて描いていなく、きっと自分が思い描くさらに美しい森を描こうとすると思うので、アートと呼べると考える。
--------------------
1023106 9/24 21:4
アートについて少し調べてみたのですが、アートの定義とは特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動、及びその作品だそうです。
今回、となりのトトロを見て美しいと思いジブリに入ってアニメータとして働いている人の作品をアートとして認めるか?に対して調べた結果私はその人が何を思って作ったかによってアートなのかそうでないのか判断できると思いました。難しいことはよくわかりませんがその人の表現するということがアートなのではないかと思いました。
--------------------
1023063 9/24 21:53
テーマ「この人の作るものはアートか?」
自分の考え:アートである。
理由:トトロの背景の自然がちゃんと現実の自然を見て、描かれているものだから。
【今週の課題】 「自分と向き合う」
 
・今週の講義の感想
 言えなかったこと、オモシロイと思ったところなど
 
・受験時代の自分について、面接できかれたこと、どんな準備をしていたか、何を答えたか、どうして神奈川工科大学情報メディア学科に進学したかなどについて述べよ。
・これまでの3年間でやってきたこと
 特に思いつかなければ、以下の様なテーマで構いません。
  ・毎日いかにして講義にしっかり出るか
  ・バイト先やサークルなどでどれだけ自分が頼られているか
  ・通学中のヒューマンウォッチング
  ・自分が一番大変だった講義、レポート
 
 
Comments