Lecture‎ > ‎MediaArt‎ > ‎ComputerArt‎ > ‎2010‎ > ‎

1115

posted Nov 3, 2010, 9:18 PM by Akihiko Shirai   [ updated Jan 20, 2011, 7:53 AM ]

【前回のレポートから…】


・PK
サッカーのPK戦を家で実現したもの。
    ○
  |
   ̄
上手く表現できてるか分らないが上のような形。
台に、蹴りに耐えうる綿などの球体状の緩衝材にバネを刺したような物を固定する。
Wiiリモコンは球体状の緩衝材に入っている。
加速度センサーで蹴りを感知する。

台は、フローリングならば地震対策で使うようなジェルで固定。
絨毯の場合は基本使用不能。
畳の場合は針の長い画鋲のような物で固定。

ここまで考えたはいいが、装置を作る手間が恐ろしく面倒そう。
それと、広い場所やらないと楽しくないと思う。"
もう実際にあるかもしれないが、WiiRmoteをナイフやチェーンソーに見立て、画面の中で木彫りや、彫刻を行うような使い方。
"電撃イライラ棒のようなもの。(画面はオートスクロール)
現物のものだと、一人でしかプレイできないが、Wiiリモコンで遠隔操作できれば接触することがないので、複数人で同時にプレイでき緊張感を共有でき、より楽しく遊ぶことができるかも"
テレビやパソコンの画面をリモコンとして操作できるようにする。
"「WiiRemoteで街を作る」
概要は上記で記述した「Glaçon」に近いと思う。
座標を認識して様々な位置に、道、ビル、川、山などを好きなように配置できるというもの。
人は難しいが、建物だけなら不可能ではない気がする。"
wiiリモコンを使い戦国武将になりきる作品を作れば一部のファン層に支持される。
"サッカーのPK
リモコンを地面において、赤外線のある空間を蹴る
蹴る角度、勢いで結果が変化"
"『部屋の中のトンボを捕まえるゲーム』
カメラを使って部屋の中を画面上に表示し、画面上だけでトンボを飛び回らせる。
暫くすると机や本などの上にトンボが止まり、プレイヤーはWiiリモコンを回して
トンボの注意を引きつけながら近づき、ある程度の距離まで近づけたら
Wiiリモコンをすばやく前に突き出しAボタンとBボタンを同時に押して捕まえる。
対戦ゲームにした方が燃えると思うので、トンボの数を増やして制限時間以内に
どれだけ捕まえられるか競えるようにしたい。"
"肩たたきリモコン

リモコンの先端にクッションをつけて
叩いた回数と強度を測定する"
"大きな紙や面(例えば2m×2mの用紙など)を用意するのは非常に面倒であり、大きな絵が描きたい場合に用意に手こずることだろう。
よって、コントローラをペン代わりにして大きなディスプレイに絵を描けるプログラムができたら面白そうかもしれない。
"

大きな紙や面(例えば2m×2mの用紙など)を用意するのは非常に面倒であり、大きな絵が描きたい場合に用意に手こずることだろう。
よって、コントローラをペン代わりにして大きなディスプレイに絵を描けるプログラムができたら面白そうかもしれない。
【学生による講義メモ】

「好きに一生懸命」

 

→向き合ってみたことがあるか

→他人の評価

 

 

自分は何が好きなのか?

絵、PC


Comments