FINAL FANTASYⅧ

あらすじ
兵士養成学校バラムガーデンに所属する主人公スコール・レオンハートは、ガーデン所属特殊部隊SeeDの認定試験に合格しSeeDとなる。その夜行われた就任パーティーで、スコールは一人の少女と成り行きで社交ダンスを踊ることになる。翌日、スコールはSeeDとしての初任務に向かうが、その依頼主とは昨夜の少女、リノア・ハーティリーだった。

登場人物
スコール・レオンハート
年齢:17歳 身長177cm 誕生日8月23日 血液型AB型
バラムガーデン所属のSeeD候補生。ガーデン生徒No.41269。ガンブレードという特殊な武器を使用する。無口・無愛想・無表情な上、常に他人と距離を置いた姿勢をとる孤独癖のあるクールな青年。ガーデン内の成績はトップクラスで、彼に一目置く者も少なくない。
リノア・ハーティリー
年齢:17歳 身長163cm 誕生日3月3日 血液型不明
ティンバーの反ガルバディアレジスタンス組織「森のフクロウ」の中心メンバー。「ブラスターエッジ」というチャクラムを飛ばして攻撃する武器を使用する。明るく勝ち気で人懐っこい性格。思ったことは躊躇わず口に出し他人とは壁を作らない。
キスティス・トゥリープ
年齢:18歳 身長172cm 誕生日10月4日 血液型A型
バラムガーデン所属のSeeD兼教官。チェーンウィップという鞭を使用する他、敵の技を覚えて使用する「青魔法」の使い手でもある。才色兼備の女性で、ガーデン内にファンクラブもできるほどの人気者。15歳でSeeDとなり、17歳で教員資格を得る程の秀才だが、それ故に挫折には不慣れで苦悩することも多い。
ゼル・ディン
年齢:17歳 身長168cm 誕生日3月17日 血液型B型
出身地バラムでは「暴れん坊ゼル」と呼ばれていたほどの、やんちゃで熱血なSeeD候補生。小柄ながら高い格闘能力を持ち、戦闘ではグローブを着用してのパンチを得意とする。優秀な軍人だった祖父に憧れ、13歳でバラムガーデンに入学した。
セルフィ・ティルミット
年齢:17歳 身長157cm 誕生日7月16日 血液型B型
バラムガーデンと親交が深いトラビアガーデンから、SeeD実地試験を受けるためにバラムにやって来た転校生。武器として「ヌンチャク」を使用する。マイペースな元気娘で、ゼルすら凌ぐ行動力の持ち主。
アーヴァイン・キニアス
年齢:17歳 身長185cm 誕生日11月24日 血液型A型
ガルバディアガーデンの生徒だが、SeeDではない。自称「ガーデン一の狙撃手」で、戦闘ではショットガンを扱う。カウボーイ風のラフな服装や、女の子を見ると片っ端から口説くなど、軽薄な口調・態度が多いが、それは本来のナイーヴな性格を隠す為のもの。
サイファー・アルマシー
年齢:18歳 身長188cm 誕生日12月22日 血液型O型
スコールより1歳年上のSeeD候補生で、学園一の問題児。とっくに正SeeDになっていておかしくない実力の持ち主だが、自己中心的で協調性が皆無な上、必要以上に好戦的な性格ゆえ万年候補生に甘んじている。実力伯仲のスコールを猛烈にライバル視している。

システムの特徴
レベル連動性
プレイヤーのレベルがあがるに従いモンスターのレベルもあがる
魔法の個数化
MPを消費して魔法を使うのではなく、魔法をストックし消費する
 
FFⅧが気になったら 
 
 
Comments