Members‎ > ‎Akihiko SHIRAI‎ > ‎

publication

 
 
 

過去にGoogleDocs?で管理していたのですが、認証が必須になってしまったので、再度Wikiに落としています。いくつか情報が欠落してしまっていますが修復中です(Oct 2009)。

2009 

  1. WiiRemote programming: development experiences of interactive techniques that can be applied to education for young engineers http://portal.acm.org/citation.cfm?id=1666635&dl=GUIDE&coll=GUIDE&CFID=93008224&CFTOKEN=89392056
  2. [Presentation]IEEE125周年記念講演 October 23rd IEEE 125th anniversary Keynote presentation Title: “Challenging the Unknown” Lecturer1: Dr. Akihiko Shirai(National Museum of Emerging Science and Innovation) Lecturer 2: Dr. Mamoru Mohri (Astronaut, National Museum of Emerging Science and Innovation)

http://ewh.ieee.org/reg/10/Reports/secrep/2009_Sections_Reports/TokyoSection.pdf

  1. [Presentation] アーバンコンピューティングシンポジウム第8回『アートとテクノロジーの融合する場所』「SIGGRAPH 2009 レポート」(2009/9/25) http://www.urbancomputing.org/
  2. [Committee] Digital Contents Expo "ConTEX2009"実行委員会
  3. [Invited Paper] 映像情報メディア学会誌 [講座]ゲームとエンタテインメント技術× 第4回 『実世界指向ゲームインタフェースによるインタラクション技術の基盤研究力強化』、映像情報メディア学会誌Vol. 63, No. 10(2009) [PDF] [Poster] Jin-Kai-Shu
  4. [Book] 『WiiRemoteプログラミング』 平成21年7月・オーム社開発局発行
  5. (共著)白井暁彦、小坂崇之、くるくる研究室、木村秀敬、B5変判・並製、400ページ、定価2940円、ISBN 978-4-274-06750-1  [Amazonで購入] 主著者として第1,2,3,4,7,8,9章を担当。執筆期間18ヶ月。 任天堂から発売された革新的なゲームコントローラーである「WiiRemote」を活用して、中高生や美大学生でも理解できるインタラクティブ技術をPCでプログラミングするための学習書。 これまで、高性能な加速度センサや赤外線センサを持ちBluetooth接続でプログラミング可能なデバイスを個人レベルで自作したり、入手したりすることはできなかった。WiiRemoteの登場とともにそれが安価で手軽に入手可能になり、多くの人々が興味をもっている。 本書は、WiiRemoteの応用に興味があるプログラミング初学者向けに、WiiRemoteをPCから扱うためのプログラミングについて解説した。ハードウェア寄りのゲーム・プログラミング入門書として、ステップ・バイ・ステップでソースコードを解説し、具体的なサンプルを開発しながら、インタラクション技術を独習できる。 言語はC/C++、C#.NETおよびActionScript3、Processingなどをサポート。
  6. [Session Chair] Session Chair, Laval Virtual ReVolution?, April, 2009.
  7. [Editor] Edited by Simon Richir & Akihiko Shirai, Proceedings of VRIC'09 - LAVAL VIRTUAL, 11th Virtual Reality International Conference, Sponsored by Laval Virtual, IEEE Computer Society France and AFRV, Precense & Innovation Laval - Arts et MetiersParisTech?, ISBN 2-951730-8-1 / EAN 9782951 573086

2008 

  1. [Web Column]PRONEWS "使える"VR Vol.1, http://www.pronews.jp/column/akihiko-shirai/001.html, 2008/12/12
  2. [Lecture] 東京大学 大学院 科学技術インタープリター養成プログラム「現代科学技術実験実習I」, 科学コミュニケーションの手法と効果「科学コミュニケーションにおける最先端映像技術の活用」, 2008/12/05,13
  3. [Web news] http://www.pronews.jp/column/interbeeday03-3.html
  4. [TV Program] "NHK高校講座・情報A「バーチャルな世界とは」" 2008/11/20 (A TV program, "What's virtual world?", for high school student produced by NHK.) http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/jouhou/archive/chapter014.htmlhttp://www.nhk.or.jp/kokokoza/metafiles/tv/jouhou/1615_058.asx
  5. [Speaker] "The Dreams of Kaguya", Japan Space Theater Convention (JSTC2008), Osaka, 11th Nov. 2008. (web)
  6. [Session Chair] "4K Digital Cinema Festival", session organizer with DCAJ, Tokyo, 23th-26th Oct. 2008. (web)
  7. [Producer] "Kaguya no Yume", 4K digital cinema, Science Director, September, 2008.
  8. [Session Chair] the 6th IVRC Birds of a feather at SIGGRAPH2008, August, 2008.
  9. [News paper article] "日本科学未来館発・納得!科学ニュース"「鳥は飛べない恐竜の子孫?翼竜の魅力、真実紹介」, 静岡こども科学新聞 ,16th July, 2008.
  10. [Session Chair] Session Chair, Laval Virtual ReVolution?, April, 2008.

以降、所属異動により、フォーマット変更。 (Moved to Miraikan, National Museum of Emerging Science and Innovation as a science communicator) (Researcher Emeritus in ENSAM Presence and Innovation Lab)

2007 

  1. 新庄貞昭, 高橋誠史, 木村秀敬, 白井暁彦, 宮田一乘, GPUの先駆的利用の研究動向と将来像, 芸術科学会論文誌, Volume 6, No.3, pp.167-178, 2007. Sadaaki SHINJO, Masafumi TAKAHASHI, Hidetaka KIMURA, Akihiko SHIRAI, Kazunori MIYATA, "Research trend and future vision in the advanced application of GPU" (in Japanese), Journal of Art and Science, Volume 6, No.3, 2007.
  2. Akihiko SHIRAI, Kyoko MURAKAMI, Fabien GOSLIN, Reiji TSURUNO, Etsuo GENDA, Simon RICHIR, ”WiiMedia:Papier Poupee Painter”; a new usage of a game controller for infancy art media, CyberGames2007: International Conference on +Games Research and Development, Manchester, UK, 2007. Akihiko SHIRAI, Erik GESLIN, Simon RICHIR, WiiMedia: motion analysis methods and applications using a consumer video game controller, Sandbox: an ACM SIGGRAPH Video Game Symposium, San-Diego, 2007. (Best paper award)
  3. Kaisei Sakurai, Akihiko Shirai, Fabien Goslin, Kazunori Miyata, Baked crepe texture generation, International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques ACM SIGGRAPH 2007 posters, Modeling table of contents, Article No. 27, San Diego, CA, USA, 2007.
  4. Fabien GOSLIN, Akihiko SHIRAI, Simon RICHIR, "Le travail collaboratif en Réalité Virtuelle", Congrès "CONFERE 2007", Marrakech Maroc, July 2007.
  5. (Poster) 白井 暁彦,木村 秀敬,高橋 誠史,宮田 一乘,RICHIR Simon,Goemon:リアルタイムコンピュータビジョンとビデオシェーダーを用いた没入型「忍者」体験システム, Interaction 2007, Tokyo Japan, 2007.
  6. (Poster) Akihiko SHIRAI, Hidetaka Kimura, Masafumi TAKAHASHI, Kazunori Miyata, RICHIR Simon,"Goemon: Immersive Ninja experience system using a realtime computer vision and video shader",Interaction 2007, Tokyo Japan, 2007.

2006 

  1. (Poster)Akihiko Shirai, Takahiro Nakatani, Erik Geslin, Hidetaka Kimura, Masafumi Takahashi, Kazunori Miyata, Simon Richir, Physical evaluation of new computer entertainment interfaces under natural play conditions, Sandbox: an ACM SIGGRAPH Video Game Symposium, Boston , 2006.
  2. Ruth M. Danielle BAZELAIS, Akihiko SHIRAI, Simon RICHIR, "GPU Vision" dans le monde du ludique, Actes de CONFERE 2006, Marrakech, Maroc, 2007.

2005 

  1. 高橋 誠史, 宮田 一乘, 白井暁彦,“EasyGPU : GPU を用いたコンピュータビジョン実験環境の開発”, 2005-CG-120 (情報処理学会 第120回グラフィクスとCAD研究発表会), pp 19-24.
  2. Akihiko Shirai, Masafumi Takahashi, .Kazunori Miyata, Makoto Sato, Simon Richir, “Development of robotic TV game player using haptic interface and GPU image recognition”, SIGGRAPH 2005 Poster.
  3. Akihiko Shirai, Masafumi Takahashi, Kiichi Kobayashi, Hideki Mitsumine, Simon Richir, “A new real-time video synthesis method for virtual studio environments using GPU and projected screens”, SIGGRAPH 2005 Poster.
  4. Akihiko Shirai, Lionel Dominjon, Masafumi Takahashi, Kazunori Miyata, Makoto Sato, Simon Richir, “RoboGamer: Development of Robotic TV Game Player using +Haptic Interface and GPU Image Recognition”, Proceedings of SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2005), ACM digital library, pp.471-472, Spain, 2005 (16th June 2005). (ACM)
  5. Akihiko Shirai, Masafumi Takahashi, Kiichi Kobayashi, Hideki Mitsumine, Simon Richir, A new real-time video synthesis method for virtual studio environments using GPU and projected screens, SIGGRAPH 2005 Poster.
  6. Akihiko Shirai, Masafumi Takahashi, Kiichi Kobayashi, Hideki Mitsumine, Simon Richir,“Lumina Studio”: Supportive Information Display for Virtual Studio Environments, IEEE VR 2005 Workshop on Emerging Display Technologies, Bonn, Germany, pp.17-20, 2005 (13th March 2005). Workshop 03: Emerging Display Technologies, New Systems and Applications: From Images to Sensing, Interaction and Enhancement
  7. 山田英樹,白井暁彦,河北真宏,三ツ峰秀樹,中嶋正之,"Axi-Visionを用いた三次元モデリング",情報処理学会 第67回全国大会, pp.X-X, 2005 (3rd March 2005).

2004 

  1. Akihiko Shirai, Kiichi Kobayashi, Masahiro Kawakita, Shoichi Hasegawa, Masayuki Nakajima and Makoto Sato, "Entertainment Applications of Human-scale Virtual Reality Systems", The fifth Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2004) Special Session:Human-scale VR and Interaction, Tokyo, Japan, pp.31-38, 2004 (3rd December 2004).
  2. 曽根順治,菅原健二,白井暁彦, 大久保真道,礒部正利,今野晃市,徳山喜政,鳥谷浩志、"ドーム型ディスプレイ内の協調作業における操作精度に関する検討", 映像情報メディア学会学会誌 2004年10月号, Vol. 58, No. 10, pp.1522-1525, 2004 (Octorber 2004).
  3. 白井暁彦, 小林希一, 齋藤豪, 中嶋正之, 佐藤誠,"ワイヤーベース・モーション・コントロールカメラの開発", 日本バーチャルリアリティ学会第9会大会, 京都, 日本, pp.X-X, 2004(9th September 2004).
  4. 浅見 典充,河北 真宏,白井 暁彦,小林 希一,滝沢 國治,"3次元カメラの画像蓄積による距離検出分解能の向上と形状計測", 2004年度画像電子学会第32回年次大会, pp.X-X, 2004(3rd June 2004).
  5. Akihiko Shirai and Makoto Sato, "Tangible playroom: An entertainment system using a haptic interface and body interaction", 6th VRIC Laval Virtual 2004, pages 93-99, 2004.
  6. 白井暁彦,小林希一,河北真宏,齋藤豪,中嶋正之,"Axi-Visionカメラによるモデリングとシャドウ イング",映像情報メディア学会情報センシング研究会・メディア工学研究会,マルチメディア情報入力及び処理方式および一般, pp.X-X, 2004(18th June, 2004).
  7. Akihiko Shirai, Kiichi Kobayashi, Masahiro Kawakita, Suguru Saito and Masayuki Nakajima, “A new archiving system for TV studio sets using depth camera and global illumination”, NICOGRAPH International 2004 in Taiwan, Hsinchu, Taiwan, pp.X-X, 2004 (4th May 2004).
  1. Akihiko Shirai, "Entertainment Systems", Transaction of art and science, Volume 3, No.1, pp.22-34, 2004(20th March 2004).
    1. http://akihiko.shirai.as/modules/mydownloads/visit.php?cid=7&lid=104

2002 

  1. タンジブル・プレイルーム, 「協調と制御」コミュニケーションとインタラクション分野分科会,東京,17 Dec 2002.
  2. タンジブル・プレイルーム:「ペンギンホッケー」,白井暁彦, 長谷川晶一, 小池康晴, 佐藤誠,TVRSJ Vol.7 No.4, pp.435-443, 2002.
  3. "Penguin Hockey": A Tangible Playroom for Children, Akihiko Shirai, Shouichi Hasegawa, Yasuharu Koike and Makoto Sato, The Journal of the Society for Art and Science, Vol. 1 No. 3 pp.117-124. 2002.
  4. 幼児向け触覚エンタテイメントシステムの提案, 白井暁彦, 長谷川晶一, 小池康晴, 佐藤誠, 日本バーチャルリアリティ学会,第7回大会論文集,2002.
  5. Akihiko SHIRAI, Shouichi HASEGAWA, Yasuharu KOIKE and Makoto SATO: “Penguin Hockey”:A Trangible Playroom for Children; NICOGRAPH International 2002, Tokyo, Japan, pp.149-154, 2002(2002.5).
  6. Akihiko SHIRAI, Shouichi HASEGAWA, Makoto SATO, Yasuharu KOIKE: “Penguin Hockey”:A Virtual Reality game system for children; International Workshop on Entertainment Computing(IWEC2002) Workshop Note, Makuhari, Japan, pp.439-446, 2002(2002.5).

2001 

  1. コンピューターゲームの興奮度定量化 (1) 主観評価を使用したゲームジャンルの分類,白井暁彦,小池康晴,佐藤誠,情報処理学会シンポジウムシリーズ(GPW2001),Vol.2001, No.14,pp.33-40,2001 (26th October 2001).
    1. http://akihiko.shirai.as/modules/mydownloads/visit.php?cid=7&lid=103
  2. 力覚 ディスプレイを用いた子供向けVRゲームコンテンツ;「ペンギンホッケー」,白井暁彦, 井上雅晴, 鄭承珠, 田上信一郎, 外山篤, 藤井伸旭, 平井卓哉, 松本直樹, 三浦雄文, 長谷川晶一, 佐藤誠,日本バーチャルリアリティ学会,第6回大会論文集,2001.

1999 

  1. 白井暁彦、佐藤勝、草原真知子、久米祐一郎: 足インターフェイスによる複合現実感アミューズメントシステム: ファンタスティックファントムスリッパ、日本バーチャルリアリティ学会論文誌、4巻、4号、pp.691-697, 1999.

1998 

  1. 久米祐一郎、白井暁彦、津田元久、畑田豊彦: 足裏への皮膚振動刺激による情報伝達、日本バーチャルリアリティ学会論文誌、3巻、3号、pp.83-88、1998.
  2. Foot Interface: Fantastic Phantom Slipper,Akihiko Shirai, Masaru SATO, Yuichiro KUME, Machiko KUSAHARA,ACM SIGGRAPH’98 Enhanced Realities, Orlando, Florida U.S.A.,1998.

1997 

  1. 白井暁彦、佐藤 勝、久米祐一郎、草原真知子: ファンタスティック・ファントム・スリッパ、日本バーチャルリアリティ学会第2回大会論文集、pp.27-28、1997
  2. 白井暁彦、久米祐一郎、津田元久、畑田豊彦: 足裏のファントムセンセーションとその応用、日本バーチャルリアリティ学会第2回大会論文集、pp.189-190、1997
  3. 後藤善裕、白井暁彦、久米祐一郎、津田元久、畑田豊彦: 2台の傾斜対向配置PSDカメラによる手の形状認識、日本バーチャルリアリティ学会第2回大会論文集、pp.216-217、1997
  4. 白井暁彦、久米祐一郎、津田元久、畑田豊彦: 皮膚感覚のファントムセンセーションを用いた3次元画像との対話システム、映像情報メディア学会技術報告、21巻、6号、pp.77-84、1997

1996 

  1. 白井暁彦、久米祐一郎、津田元久、畑田豊彦: 光学的3次元位置検出法を用いたリアルタイム人間動作入力デバイス、テレビジョン学会技術報告、20巻、7号、pp.21-26、1996.

Awardings [受賞リスト] 

  1. Sandbox2007: an ACM SIGGRAPH Video Game Symposium - Best paper award, WiiMedia: motion analysis methods and applications using a consumer video game controller
  2. Laval Virtual Award 2007 - Virtual Character Award JaWii?'s Virtual Fencing
  3. 芸術科学会論文誌第3回論文賞 2004/12/20 A+ward of the Journal for the society of Art and Science, Volume 3. "Entertainment Systems"
  4. ビジュアル・サイエンス・フェスタ 入賞 「実時間物理シミュレータを用いた触覚VRエンタテイメントシステム"Tangible Playroom"」
  5. Best Multilingual and/or Omnilingual award, ACM SIGGRAPH SIGKIDS 2003. (June, 2003)
  6. "Penguin Hockey": A Tangible Playroom for Children
  7. 芸術科学会機関誌「DiVA 4号」(夏目書房) DiVAギャラリー 優秀賞「ラビリンス・ウォーカー」(2003/4)
  8. 芸術科学会論文誌第1回論文賞 (2003/05/03)
  9. Award of the Journal for the society of Art and Science, Volume 1. "Penguin Hockey": A Tangible Playroom for Children
  10. Scientific encouragement award, Virtual Reality Society of Japan. (March, 2003) (日本VR学会 学術奨励賞)「幼児向け触覚エンタテイメントシステムの提案」
  11. NICOGRAPH International Best Paper Award "Penguin Hockey": A Tangible Playroom for Children, May 2002
  12. Virtual Reality society of Japan Logomark contest media issue

Demonstration (part) 

  1. ``RoboGamer: Robotic TV Game Player'', SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2005), 16th June, 2005, Valencia Spain.
  2. RoboGamer, Laval Virtual 2005, 20th-24th, April, 2005, Laval France. "Tangible Playroom", ACM SIGGRAPH 2003 SIGKIDS, San Diego, USA.
  3. ラビリンスウォーカー,高臨場感ディスプレイフォーラム,東京,14 Nov 2002.
  4. A New Step-in-Place Locomotion Interface for Virtual Environment With Large Display System Laroussi Bouguila, Makoto Sato, Shoichi Hasegawa, Hashimoto Naoki, Naoki Matsumoto, Atsushi Toyama, ACM SIGGRAPH 2002 Emerging Technologies, 2002.http://www.siggraph.org/s2002/conference/etech/newstep.html
  5. Demo: "the Labyrinth Walker", Makoto Sato, Laroussi Bouguila, Shoichi Hasegawa, Hashimoto Naoki, Naoki Matsumoto, Atsushi Toyama, Akihiko Shirai, ACM SIGGRAPH 2002 Emerging Technologies, 2002.http://www.siggraph.org/s2002/conference/etech/newstep.html

Academic activities (part) 

Executive committee 

  1. IVRC (http://ivrc.net/)
    1. IVRC2007:15th International collegiate Virtual Reality Contest
    2. IVRC2006:14th International collegiate Virtual Reality Contest
    3. IVRC2005:13th International collegiate Virtual Reality Contest
    4. IVRC2004:12th International collegiate Virtual Reality Contest
    5. IVRC2003:11th Interactive and Virtual Reality Contest
    6. IVRC2002:10th Interactive and Virtual Reality Contest
    7. IVRC2001:9th Intercollegiate Virtual Reality Contest
  2. 芸術科学会DiVA展運営委員(2003-2005)

Program committee 

  1. LAVAL VIRTUAL 2005 Co-chairs & Proceedings Editors
  2. 1st Forum on the Promotion of European and Japanese Culture and Traditions in Cyber-Societies and Virtual Reality
  3. Birds of a feather meetings
    See http://ivrc.net/BoF/
  4. 2nd BoF of International collegiate Virtual Reality Contest in IEEE VR2005 [Web:http://www.vr2005.org/view.php?nid=128] 1st BoF of International collegiate Virtual Reality Contest in SIGGRAPH 2004

Research committee 

  1. NICT委託 研究高精細・立体・臨場感コンテント技術の研究開発(2003-2005)
  2. DCAjデジタルコンテンツ次世代基盤技術調査研究委員会(2004-2005)

Misc 

  1. VR用語委員会 (日本バーチャルリアリティ学会) 2001年~
  2. VRコンテスト委員会 (日本バーチャルリアリティ学会) 2002年~

Speeches (an other part) 

  1. 芸術科学会 平成16年度9月 月例セミナー 「SIGGRAPH2004報告会」 CGの制作ツールとデジタル映像制作について (財団法人デジタルコンテンツ協会 芸術科学会 2004年9月14日)
  2. IDGA SIG Game Technologies#2 "Special session for Realitime Graphics" (Chair)
  3. IDGA SIG Game Technologies#1 (Speaker, Panelist) 10th April 2004. 「ゲーム開発業の未来を支える産学連携-日本式Ludology事始-」 (Collaboration work between academic and game developers for the future, "Japanease Ludology")
  4. CEDEC2000(社団法人コンピュータエンターテイメントソフトウェア協会・ゲームデベロッパーカンファレンス)発表, 「RenderWare3」と 「RenderVision」による 次世代ゲーム開発の高速化,2000年9月.

Articles (an other part, -2003) 

  1. VRコンベンションLaval Virtualレポート (ロボコンマガジンNo.34オーム社)
  2. 「ラビリンス・ウォーカー」,DiVAギャラリー,芸術科学会学会誌DiVA,4号,2003年.
  3. 「IVRC特集」,日本バーチャルリアリティ学会学会誌第7巻第4号,2002年12月.
  4. 「IAMAS」(映像情報メディア学会2002年5月号『映像現場訪問記』 ) Web version
  5. 「ペンギンホッケー」,DiVAギャラリー,芸術科学会学会誌DiVA,2号,2001年.
  6. 学生対抗手作りバーチャルリアリティコンテスト(IVRC2001)参加報告日本バーチャルリアリティ学会ニュースレター,Vol. 6, No.12,2001年12月.

Newsletter 

  1. 産業用バーチャルリアリティ展(IVR2001)参加報告,日本バーチャルリアリティ学会学会誌第6巻第2号,2001年9月.

Media coverages (part, -2003) 

  1. 日経産業新聞 2003年2月28日 「超テク 日本の底力」
  2. ロボコンマガジン No.26 (2003年2月)  「IVRC2002」
  3. IVRC2002関連テレビ放映
  4. 2002/11/28 岐阜放送 18:00~生放送 生出演
  5. 2002/11/29 NHK名古屋放送局 ほっとイブニング(東海3県放送) 18:25から7分間(NHK岐阜制作)送出
  6. 2002/11/30 NHK全国放送 おはよう日本 6:30~
  7. 2002/11/30 NHK名古屋 ウィークエンドチューブ 7:30~

Grants 

  1. 2005 JSPS海外特別研究員
  2. 2004 French ministry of research
  3. H13 セコム科学技術振興財団 (佐藤誠:興奮度入力可能なインタフェースデバイスの開発・100万円)

Comments