Members‎ > ‎Wataru-Fujimura‎ > ‎Kinect Tips‎ > ‎

実画像の取得

Windowsフォームアプリケーションでの実画像取得方法です。
(作成日:2012/02/28)


1.プロジェクトを作る

Visual Studioを立ち上げ[ファイル]→[新規作成][プロジェクト]を選び、Windowsフォームアプリケーションを選択します。



すると下図のような新しいアプリケーションが作成されます。
(デフォルトではフォームが1つあるだけ)




2.参照設定を追加

ソリューションエクスプローラ内の[参照設定]を右クリックし、[参照の追加]をクリック。



[.NET]のタブを選択し、[Microsoft.Kinect]を追加します。
同じように、[System.Runtime.Serialization]も追加してください。



追加されるとこのように表示されます。




3.アプリケーションのデザイン

作成されたフォームにPictureBoxを追加します。
[ツールボックス]→[PictureBox]を選択し、フォームにドラッグすると作成されます。



作成したPictureBoxを横幅:640、縦幅:480に設定します(プロパティの[Size]の項目で行うと楽です)。
PictureBoxに合わせてフォームも調整してください。




4.プログラミング

ソリューションエクスプローラー内の[From1.cs]を右クリックし[コードの表示]を選択すると、ソースコードが現れます。




以下のコードのように入力してください

From1.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

// ビットマップを生成するため
using System.Drawing.Imaging;

// Kinectのセンサクラス
// Microsoft.Kinectを参照に追加
using Microsoft.Kinect;

// メモリ管理の最適化のため
// System.Runtime.Serializationを参照に追加
using System.Runtime.InteropServices;

namespace formgetcolorimage
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        /// <summary>
        /// kinectのセンサクラス
        /// </summary>
        KinectSensor kinect;

        /// <summary>
        /// kinectから取得したRGBデータ
        /// (byte型配列)
        /// </summary>
        byte[] imageData;

        /// <summary>
        /// 実画像
        /// (ビットマップ形式)
        /// </summary>
        Bitmap ImageBitmap;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // ピットマップの初期化
            ImageBitmap = new Bitmap(640, 480);

            // kinectの初期化
            kinect = KinectSensor.KinectSensors[0];

            // カラー画像の取得を開始する
            kinect.ColorFrameReady += new EventHandler<ColorImageFrameReadyEventArgs>(ColorImageReady);
            kinect.ColorStream.Enable(ColorImageFormat.RgbResolution640x480Fps30);
            
            // Kinectを起動する
            kinect.Start();
        }

        /// <summary>
        /// カラー画像の取得
        /// </summary>
        void ColorImageReady(object sender, ColorImageFrameReadyEventArgs e)
        {
            // kinectからカラーイメージを取得
            ColorImageFrame image = e.OpenColorImageFrame();

            // imageがnullだった場合処理しない
            if (image != null)
            {
                // imageData配列の初期化
                imageData = new byte[image.PixelDataLength];

                // imageのピクセルデータをpixelDataへコピーする
                image.CopyPixelDataTo(imageData);

                // imageDataからビットマップへ変換する
                ImageBitmap = toBitmap(imageData, ImageBitmap.Width, ImageBitmap.Height);

                // ピクチャーボックスへ反映
                pictureBox1.Image = ImageBitmap;

            }
        }

        /// 取得データをビットマップデータに変換
        /// </summary>
        /// <param name="pixels">kinectで取得したbyte[]配列</param>
        /// <param name="width">横サイズ</param>
        /// <param name="height">縦サイズ</param>
        /// <returns></returns>
        public static Bitmap toBitmap(byte[] pixels, int width, int height)
        {
            // pixelsに何も入っていない場合nullを返す
            if (pixels == null)
                return null;
            
            // ビットマップの初期化
            var bitmap = new Bitmap(width, height, PixelFormat.Format32bppRgb);

            // システムメモリへロック
            var data = bitmap.LockBits(new Rectangle(0, 0, bitmap.Width, bitmap.Height), ImageLockMode.ReadWrite, bitmap.PixelFormat);
            
            // メモリデータのコピー
            Marshal.Copy(pixels, 0, data.Scan0, pixels.Length);

            // システムメモリのロック解除
            bitmap.UnlockBits(data);

            return bitmap;
        }
    }
}




実行結果

このような感じで表示されるはずです。



ソースコード内の「 kinect.ColorStream.Enable(ColorImageFormat.RgbResolution640x480Fps30); 」を変更することで、取得するサイズ・FPSなど変更できます。

取得できる種類
・RawYuvResolution640x480Fps15
・RgbResolution1280x960Fps12
・RgbResolution640x480Fps30(デフォルト)
・YuvResolution640x480Fps15

ċ
formgetcolorimage.zip
(44k)
Wataru Fujimura,
Feb 28, 2012, 2:10 AM
Comments