Topics‎ > ‎News‎ > ‎

6/12オープンキャンパス#2・IT夢コン2011しめきり迫る!

posted Jun 10, 2011, 10:36 PM by Akihiko Shirai   [ updated Jun 10, 2011, 10:47 PM ]
主に、IT夢コン2011に応募エントリーしてくださった方へ
神奈川工科大学 「IT夢コン2011」事務局からのおしらせです。

■コンテストの締切迫る!!!
 IT夢コン2011公式ホームページ http://kait.jp/yume

先日は、本「IT夢コン2011」にエントリーしていただき、ありがとうございました。
大学は今まさしく授業や研究、学会や就職活動がたけなわの季節です。
雨の多い時期ですが、夢に向かって着実に伸びていく時期かもしれません。
みなさんの学校ではいかがですか?
明日6月12日は神奈川工科大学オープンキャンパスが開催されます。
「IT夢コン2011」に関連したイベントも用意されております。
皆様にお会いできますことを楽しみにしております。
神奈川工科大学オープンキャンパス2011 http://op.kait.jp/

■オープンキャンパスでの特設エントリー会場
6月12日の神奈川工科大学オープンキャンパス「情報学部棟502室」にてエントリー会場を特設いたします!先生方や研究室を訪問してヒントを得るチャンスです。大学の演習用PCを使ってその場でエントリーも可能です。12:30からオープンしています。

■作品アップロードの延長
おかげさまで大量の応募が集まっております。エントリー締切は予定通り6月12日(日)といたしますが、応募アップロードファイルの更新締切を6月15日(水)まで延長します。なおエントリーサイトは6月15日17:00に閉鎖されますので時間厳守でお願いいたします。

■「夢」を応募するヒント
プログラミングの技術などは必要ではありません!あまり難しいことは考えずに、「こんなことができたら・・・」、「こんなふうになっていけば・・・」と友達やご家族、オープンキャンパスで出会った先生方と話してみてください。特別テーマ「ITによる震災復興」では「誰を助けるものか?」を意識することが大切でしょう。他のテーマでも「誰が」を意識することが大事です。日々の生活が便利になる、といっても「誰が」なのか?また「どうやって」の具体的な例を考えることも重要です。楽しい生活や安全な社会を実現することは重要ですが「どうやって貢献できるか?」のアイディアを、小さなことでも具体的に書くことが大事です。例えば「災害のときに役立てるには?」という観点で考えてみてはいかがでしょう?具体的な「何か」が必要になると思います。『そんなネタなんて思いつかないよ!』という人は、ぜひともオープンキャンパスにお越しください!きっと自分のセンサーに引っかかる【何か】が見つかるはずです!
それを思ったまま恥ずかしがらずに書いてみてください。なかなか思うように書けないかも知れませんが、その経験が残ることが、コンテストに挑戦する上で最も大切で、審査員はそれを丁寧に読み、感じ、コメントしてくださるはずです。


7/23(土)には鬱陶しい梅雨も明けて、まさに燦々と輝く太陽の季節に、みなさんと本学でお会いしたいと思っています。IT夢コンを応援しているタレントの「蒼あんな&れいな」さんらもいらっしゃいます!神奈川工科大学の教職員一同、心からみなさんの応募、最後の頑張りを期待しております。

問い合わせ先
神奈川工科大学 リエゾンオフィス 「IT夢コン2011」係
TEL:046-291-3277
FAX:046-291-3221
E-mail:yumecon2011@ic.kanagawa-it.ac.jp

Comments